お問い合わせ

SEO-STRATEGY

seo for wordpress

初回30分無料相談窓口

お問い合わせ

カノニカルタグのURL記述MISS

カノニカルタグは、URLの正規化をする。
つまり、GoogleにこのページのURLは、「これですよ」という事を明示的に伝える。
このURL記述が誤っているとGoogleに誤ったURLを伝えることになるため、著しくSEOにはマイナスになる。
URLの正規化には、
1、sitemap.xmlでGoogleにクローリングのリクエストを送信すること。
2、内部リンクのすべてのURLが文字列として 一致している事
https http wwwありなし、indexファイルの表示(例、index.phpなど)はすべて文字列なため、統一する必要がある。
この他に相対パスで記述することもある。
例えば下層ページからTOPページにリンクをする場合相対パス「a href=”/”」という記述もできるし、
「https://〇〇〇〇.jp/index.php」という記述もできる。
Googleは、これらのURLを文字列として判断しているため、違うURLとして認識している。
つまりは、SEOパワーが分散される。
これを正すのが、カノニカルタグである。
3、リダイレクトに記述しているURL 
301リダイレクトに記述しているURLも統一する必要がある。
これらすべてのURLを文字列として統一する必要がある。
GoogleSearchConsoleを見ていると「/」ありなしで別々のURLに区別されている事が確認できたりするし、トラフィック分析なども困難になる。
URLはまとめておく事が、SEOを統合することになるといっていい。
WEB現場では、ページを生成するスタッフも含めて、URLをこのように統一して記述してくださいというコンセンサスも必要になる。

Copyright © 2022 seo-storategy Inc. All Rights Reserved.

single