お問い合わせ

SEO-STRATEGY

seo for wordpress

初回30分無料相談窓口

お問い合わせ

メタディスクリプション内のキーワードスタッフィング

ユーザーとしてGoogle検索をした際に 自身が検索した言葉が そのサイト説明文の中に大量の太文字で表されているとしたら、そのサイトが自分の目的が達成されるサイトだと認識できるだろうか?
もちろん、目線がそこに 向かう事は間違いないが、あまりにもキーワードが乱立している文章に戸惑いを見せるのではないだろうか?
Googleが存在しなければ、このような事は起こらなかったはずで これがまさに「SEO的」とGoogleに指摘される事である。
つまり、「SEO」というのは、確かに Googleの検索結果に対する最適化という歴史があるが、その多くは、Googleが独自の評価システムを開発していく歴史の中で 指標として 様々なファクターを評価基準にし、よりユーザーが求める検索結果を模索し 改善していくことに サイト運営者が 併せていく形だった事がうかがえる。
過去にはこの指標が重要に作用していたが、現在では、作用しないというような事は往々にしてあるが、Google目線で考えれば、必然的に一つのところにたどり着くのではないだろうか?
Googleがなければ、普通のサイトコンテンツにおける説明文がそこに存在していたわけである。
つまりキーワードを多く使用するようなスタッフィングは存在しなかったと言える。

Copyright © 2022 seo-storategy Inc. All Rights Reserved.

single