お問い合わせ

SEO-STRATEGY

seo for wordpress

初回30分無料相談窓口

お問い合わせ

NOINDEXされたページ

メタタグの

について、詳細に説明すると
「noindex」は検索エンジンのクローラーにインデックスしないでね!というサインであり、「nofollow」とうのは、このページからリンクはすべてSEO効力をリンク経由でその先のページへ受け渡さないという意味を持っている。
これは、Googleの検索エンジンを使用しているYahoo!検索でも有効であるし、Bing、baidu、ASK などでも有効である。
サイト運営者にとって、このような対応をするページは?というと、

  • 問い合わせページ
  • 資料請求ページ
  • 動的にコンテンツが変わるページ
  • サイト内検索において、その結果が表示されるページ

などが想定できる。
その他には、評価がされない可能性があるページなどもそうだろうか?
逆にこのように、評価してほしくないページのINDEXを拒む事は、Googleや、他のクローラーにとっても親切であるし、他のページを見てくれる可能性が高くなる。
問い合わせページや資料ダウンロードページなどは、GoogleAnalitycsで言う目標設定をするべき、ページだ。
サイト内で一番リンクが集中するページともいえるので、検索エンジンのクローラービリティを考慮すれば、当然「noindex,nofollow」対応が必須だともいえる。
しかし、wordpressのように header.phpにこれを記述して そのまま すべてのページに反映させてしまうというMISSも発生する可能性はゼロではない。
noindexが対策しなければいけないページで出力されているかどうか?は、きちんと確認しておく必要がある。

Copyright © 2022 seo-storategy Inc. All Rights Reserved.

single