お問い合わせ

SEO-STRATEGY

seo for wordpress

初回30分無料相談窓口

お問い合わせ

WordPressのSEOコーディング

jpドメインの使用

SEO上の効力では、「ccLTD > gLTD」とされ、誰もが取得可能なgLTDよりも 信用があるとされている。
事業展開により、海外進出などを考える時には、その国を表すccLTDを取得したほうがよいとされる。

タイトルタグの出力

出力は、「ページ毎のタイトル|サイト名」。
前方ページ毎のタイトルには、そのページの対策ワードが盛り込まれているかどうかを確認し、全体の文字数は、35文字以内までとする。
基本はthe_title()を使用するが、この限りではない。

W3C準拠

HTMLタグやCSSは、W3Cが推奨している記述方法に準拠して、記述していく。
画面外にテキストを飛ばしたり、display:none;で故意にテキストを隠さない。
Hタグの使用も 可能な限り H1から順番に使用し、ロゴを使用する場所などでH1を含めた見出しタグを使用しない。

メディアクエリのブレイクイーブンポイント

最適なブレイクポイントは、現在普及しているスマートフォン、タブレット、PCの画面サイズが共有されるサイズであって、このブレイクポイントが、560px 960px であるから、このmax-widhもしくはmin-widhtに併せて、レスポンシブデザインを設計する。

メタタグDescriptionの出力

アドバンスカスタムフィールドを活用し、ページそれぞれのメタタグの出力を実施。
ALL IN ONE SEO プラグインを使用せず、独自の出力を実現。
こうする事によって、ページ表示速度を高める。

CSSファイルの読み込み

ページテンプレートによって 分岐させ それぞれのCSSファイルを読み込む。
CSSは上書きの世界になるため、後から読み込まれた同じプロパティーが優先される。
従って、サイト運営年数が高まれば高まるほど、無駄なCSSが増えていくもので、この為におこる無駄なリソースを常に読み込まなければならなくなる。
これを設計当初からしっかりと分別しておけば、無駄なCSSプロパティーを読み込まなくてよくなる。
例えば、front-page.phpとpage.phpには、同じCSSを仕様している事もあれば、まったく違うcssを使用している。
必要なプロパティーのCSSだけを無駄なく読み込む為、独自の詠み込みコードを記述している。

オリジナル

wp_head()関数から出力されるタグの制御

絵文字が利用できるようになるタグやREST APIを使用できるタグなど、汎用的なタグが出力されているが、これも利用される事がないものを削除する必要があり、読み込みスピードを制御できる。

カノニカルタグの出力

page.php・single.php・archive.php・category.php・tag.phpなど主要なテンプレートのcanonicalはすべて出力するシステム
お問い合わせページや資料ダウンロードページなどINDEXされなくてよいページの出力は、POST_IDによって分岐させcanonicalタグの出力を制御させるが、INDEXさせるためのすべてのURLに出力する。
アクションフックにて実現させるため、独自コーディング。

オリジナル

基本タグ設定

W3Cによる準拠もそうだが、可能な限り、短縮された、もしくは、短いコードにするように努める。

ogタグの設定

SNS拡散の設定で標準的と言えば標準であるが、この設定を誤っていると拡散ができない。

非同期通信

AJAX通信は、Google公表では、クローラーがそこまで読めると言っているが、それは実際には、「読みづらい」という事である。
技術的にもレンダリング時にしか、Googleは確認できないはずで、外部ファイル、しかもドメイン外のものであるならば、他のリソースよりも認識しづらいのは、間違いない。レイジーロードなどの後追いの読み込みも含め、レンダリング速度を著しく低下させる要因なので使用しない事がベターである。

基本的なレギュレーション(リンク)

絶対パスで出力させるのは、当然であり、その為に(home_url())のテンプレートタグを使用する。
また、すべてのリンクにおけるCLASSを付与する事で、どのページのどのリンクが押下されたのか?を計測するようにし、すべてのユーザーのサイト内経路を確認できるように設定する。
CLASSはCSSの設定のみではなく、計測に使用するためのものであるとの共有。

ナビゲーションドロワー

ハンバーガーメニューはJavaScript仕様のものではなく、CSSとHTMLで記述する。チェックボックスのcheckedを利用する事でそれを実現する。
これにより、JSを読み込む為の時間を短縮し、レンダリングスピードを高める。

対策ページは、浅い階層に生成する

深い階層のページは、内部リンクを集めにくい。
サイト内で一番リンクが多く集まる場所は、やはりTOPページだから、TOPページは最も対策が必要なページであるしすべてのページが関連しているページとなる、

同様に、対策ワードはすべてTOPページで対策するわけにいかないので、各ページの存在があり、その集合体がSEOを強化する

たとえば、「資産運用」がテーマのサイトがあったとして、トップページの対策ワードは、もちろん「資産運用」になるが、資産運用もいろいろある
「不動産投資」「デイトレード」「FX」「仮想通貨」などなど。

つまりこれらが第二階層に配置されるページとなるだろう。
そして2階層目以下は、 「デイトレード はじめ方」や「デイトレード レバレッジとは」
などのようなページになっていく。
どのページも「資産運用」に関連するページには変わりはないが、さすがに「不動産投資」と「仮想通貨」は同じページでは対策できない。

テーマがまったく違うからだ。

パンくずリスト生成

固定ページの親子関係は作れるが、固定ページと投稿ページ、もしくはカスタム投稿ページでの親子関係は作れないため、独自のコーディングが要求される。
つまり、このコーディングが成されて初めてコラム、Q&A などの投稿と固定ページの親子関係がつくられる。
アクションフック(do_action()タグにて生成)

オリジナル


画像の出力

大きな画像は、すべてリサイズし、ページで利用されるサイズに合わせる。
ヘッダーに利用されるような大きめの画像には、WebPを採用する。
すべての画像には、ALTタグを必ず入れ、端的に画像を表す文字を入れる。
長い説明になってはいけないし 不自然な表現もNGだが、可能な限り対策ワード、もしくは同義語を入れる。

Jqueryライブラリの出力

通常Wordpressに設置されているJqueryライブラリの読み込みが推奨されているが、Googleが提供しているCDNのほうが、読み込みSPEEDが早い為、これを制御してGoogleCDNを読み込むコードを記述する。これによって、$が使用できるようになり、wordpress独自の$jqueryの記述をしなくてよいという利点がある。

関連キーワードページ数の最大化

SEOにとって、最重要なファクターであるため、すべてのページ(page,single,archive,category,tag)などのページをカテゴライズする。
固定ページ(page)では、タグ設定ができないため、カテゴリ追加の都度、アドバンスカスタムフィールドにて、追加していく必要がある。
しかし、これを実施する事でSEO上の飛躍的向上が見込める為、必須要綱となる。

オリジナル

必要最小限のプラグイン

プラグインは、どのサイトにおいても有効に作用させるために開発されたもので 独自サイトの為に開発さえたものではない。、
汎用性が高く作られており、無駄なコードも使用されている。
一見、便利なように思えるが、実は、JSを使用する事も多く、レンダリングの妨げになるケースが多い。
多くのプラグインはwp_head()関数によって、呼び出される事が多く、ブラウジングスピードに多大な影響がある。
JSのコードというのはDOMの読み込みを一時的に停止させる為、すべてのコードをブラウザが読み込むまで待機の状態になる。
可能な限り、コーディングで自社サイトのみに使用される効率化をはかったほうがよい。

オリジナル

必須プラグイン

GoogleSiteMap.XML
CPT UI(カスタム投稿&カスタムタクソノミ生成)
アドバンスカスタムフィールド

noindex,nofollowの限定出力

上述した、カノニカルタグにもあるが、INDEXさせない為のページ対策として、POST_ID判定にて同robots.txtのメタタグを出力する。

オリジナル

footer.phpの在り方

footerの在り方は、「どのページへの誘導も可能」という機能でよいと思うが、sitemap.htmlファイルが存在する場合はこのかぎりでなく、重複を避けるため、新たにシンプルな footer-sinple.phpを生成する必要がある。
基本は、対策ページへのリンクは、絶対パスにて必須。

オリジナル

データベース出力時のフィルターフック制御(例、文字数制限とその後のコンテンツの設定)

archive,categorytagなどの自動コンテンツ生成のテンプレートには データベースからの引用ファクターをレンダリング時に制御する必要がある。
例を挙げると 80文字以上のものは、[…]で表示するのようなものだが、他にも技術的に制御しなければならないものがある。

オリジナル

有効な構造化データの設置

リッチリザルトに表示させる為のページへの直接リンク、Q&Aの設置などGoogle検索結果にて、クリック率を高める設定を実施する。

Copyright © 2022 seo-storategy Inc. All Rights Reserved.

page